RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

クロサイ・インサイドBlog

劇団クロックアップ・サイリックスの基本ユニット/拡張ユニットによる日々の徒然
<< 扇貝にて。 | main | タカシよ! >>
明日は節分。
0
    「鬼は外」
    さて、明日は誰の顔に豆をぶつけてやろうか、などと考えている。白状すると私は人の好き嫌いに於いて潔癖かもしれない。決して人を許さない人間だ。もし、被害者側の立場に立たされたら、被告に死刑の判決が下っても「死刑ぐらいじゃ許すか!!」ってわめき散らしながら、法廷を追い出される絵が浮かぶ。怒りのあまり、はらわたが煮えくりかえって狂い死にする事ってあるかもしれない。
    まず私は人を嫌うと、その相手の悪口や恨み事を他人にいっさい漏らさない。恨みの捌け口を作らず、ただひたすら自分の心の中で恨みを充電させるのだ。また逆の感情もしかり。なんかここまで自分で書いていて、いささか吐き気を催す。
    しかし、おまえは死ぬほど人を憎んだり、愛した事があるのかと凄まれたらどうだろうか。返答に詰まる。所詮、私の憎しみや愛情は仮想の範囲かもしれない。もしかすると、あの秋葉原で起こった加藤智大の事件も実は奴の仮想的殺人だったのではないかと思う。
    私はものを表現するには殺気が必要だと思っている。自分の内なるものからわき起こるものは、暗く孤独で陰惨で獣じみてなくてはいけない。そう芝居でいえばどこか殺気のある役者が好きだ。
    不謹慎と思われるかもしれないが、加藤智大も無差別に群集に向けた殺意を舞台上にでも向けてたら、誰かの共感を得られたかもしれない。
    なんか今夜は変な事ばかり書いてしまったようだ。不快に思われたら許してくれ。

    それではまた。
    ハバロフスクより愛を込めて。
    | 日々の藻屑 | 02:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.clockup.com/trackback/1051921