RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

クロサイ・インサイドBlog

劇団クロックアップ・サイリックスの基本ユニット/拡張ユニットによる日々の徒然
<< 紫陽花 | main | タカシよ! >>
東京日記 3
0
    菜食主義

    5月31日(月)、最高気温16度。昨日より更に肌寒さを感じる一日だった。この日は福岡も寒かったらしい。
    浜松町に昨日から宿をとり、朝食は8時よりホテルでバイキング。和洋折衷、よくあるパターン。隣の席は彫りの深い顔立ちの二人の女性が向かいあって座っている。どうもインドの人達のようだ。翌日はもっと沢山のインド人をレストランでお目にかかることになる(面白いぞ!)。
    片方の女性が料理を持って席に戻ってきた。えっ!えぇぇ…?大量の野菜が器に盛られてある。通常のサラダの量を遥かに越えている。このホテルにはご飯茶碗が普通サイズと男性用のやや丼に近い大きめサイズが揃えてある。その丼サイズにサラダのキュウリがエベレスト状態。そしておかずを入れる皿には、カットしたオレンジが20個ぐらいてんこ盛り。あとはヨーグルトにマリモ色の濃縮野菜ジュース。と、徹底した菜食主義、きっと宗教上のことなんだろうなと思いつつ、でも、量多すぎだよと度肝を抜かれた。連れの女性も似たようなメニューだが量は普通だった。しかし、この集団、野菜ばかり食べてるようだけど、結構、体格がいい人が多かったな。そして、先ほどのインドの姐さん、まぶしいほどの白い歯を見せて笑いながら、キュウリにマスタードを付けて、瞬く間に平らげていった。私はその食べぷりに何故かうっとりしてしまった。そして自分はというと、隣で菜っ葉汁を啜り、梅干しを頬張り、塩鮭を箸で突きながら、一膳飯を掻き込んで、ひたすらニッポン人であること実感していた。

    さぁ、東京2日目の始まり、はじまり。

    つづく
    | 日々の藻屑 | 03:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.clockup.com/trackback/1070529