RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

クロサイ・インサイドBlog

劇団クロックアップ・サイリックスの基本ユニット/拡張ユニットによる日々の徒然
<< 東京日記 4 | main | タカシよ! >>
汝、隣人を愛せよ。
0
    私の隣人の話しをしょう。
    彼等はちょうど一ヶ月程前に突然、私の家の隣に引越して来た。
    それはそれは、すさまじい騒がしさだった。しかし、引越しが終わるとピタリと静かになった。「おや?」その嘘のような静けさは不気味な感じすらした。それから暫くはほとんど彼等の姿を見る事はなかった。不思議だった。彼等は息を潜めどんな暮らしをしているのか。想像するのもゾッとした。私は彼等が夜逃げでもしてくれる事を秘かに願っていた。
    しかし、彼等が別に危害を与える訳でもないのだから。私は静かに彼等を見守る事にした。汝、隣人を愛せよ。いや、それは所詮きれいごと。本当は見て見ぬふり主義的な事だった。
    だが最近、彼等の活動が頻繁になっていった。体も一周り大きくなっている。彼等を怒らせたら本当に殺されるかもしれない。こわい!
    そして遂に隣の家の管理不動産に電話した。「おたくの借家に蜂が棲みついてます。早くどうにかして下さい。お願いします。」
    そう、彼らはあの日、何万匹ものの大所帯でやって来た。羽音は扇風機のような凄まじさだった。空を黒く覆い尽くし、30分程時間をかけて、隣の家の雨樋の穴の隙間から侵入していったのだ。
    私の困った隣人の話しである。

    後日談はまたいつか機会があればお伝えします。


    | 日々の藻屑 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.clockup.com/trackback/1070927